とにかく蚊に刺されることが多いのでスコーロン素材のウェアが欲しくなった

 とにかく蚊に刺されます

私は山でも川でもどこに行っても高確率で蚊に刺されます。
とにかくめっちゃ刺されます。

先日もあるイベントでナイトハイクをしたんですが、
ガイドの説明を聞いている間の10分程度の時間に
手を7カ所も刺されてました。
一緒にいた家族は虫除けスプレーをしていたこともありますが
一カ所も刺されていません。

 写真を撮りに行って刺されると帰りたくなります

茂みの中や水辺などで植物の撮影をする際には防虫対策しないと
蚊に刺されます。
特に今の時期は紫陽花(アジサイ)なんか特に危険ですね。
マクロで撮影しようと近づくと必ず寄ってきます(汗
だから、紫陽花の名所で紫陽花祭をやっていますが
蚊に刺されそうなのでちょっと敬遠しちゃいます。

刺されたり、周囲を飛んでいるだけでもうテンション下がります。
ひどい場合にはピント調整などに集中できなくなるくらいイライラします。

 デング熱とかで話題になっている素材スコーロン

『スコーロン®』は、アース製薬の開発した防虫剤を、帝人グループのナノレベルの接着技術により生地に固着することに成功した素材のこと。

フードとサムホールが付いているのでこれ1枚あれば十分かも。
パーカーは一番利用頻度が高いのでまずこれは最低限欲しいですね。

茂みに入って行く場合にはパンツも欲しいですね。
マダニにも効果があるそうです。

シャツも長袖・半袖があります。

腕の露出だけ守りたい場合にはアームカーバーが良いですね。
吸汗速乾にUVカット効果もあるので夏場や日差しの強い日場所でも使えますね。

カメラの時は確実に手や頭を固定するので手のひら、首すじを刺されないように
手袋も帽子もあります。

これ全て着用すれば完全装備です。
全て購入すると相当な金額になるので、パーカーと
夏用にアームカバーがあれば良いのかな?という感じですね。
効果を確認するためにアームカバーだけを先に購入してみるのも良いかもしれません。

 気になること

露出部分にダイレクトに飛んでこなければ大丈夫らしい

露出部分に直接飛んでくるのは稀らしいです。
洗濯しなくても効果は少しずつ低下するようです。
子どもにも良いかな?と思いましたが成人の安全性テストはしてあるようですが
乳幼児向けのテストはしてないようなので着用はさせないでください。
詳しいことはFoxFireのQ&Aを参照してください。

ただトータル的なコストや使用頻度を考えるとどうなんでしょうかね?
タンスに入れておけば防虫剤代わりになるかなぁとか思ってみたり・・・。

登山やトレイルランなどのスポーツで汗で防虫剤が流れてしまう場合には
欲しいウェアです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク