コニカⅡB 分解&清掃 その1

 コニカⅡBが到着しました

先日、ヤフオクで落札したⅡBを分解清掃してみた。これも使えればⅡB-mよりも先に試写して持ち歩けるかも?カバーも付いているし。

思ったよりも専用ケースの痛みが激しいです。革の部分は比較的綺麗ですが内張はかなり痛んでました。縫い糸もボロボロで補修が必要かも知れません。

ボディも若干キズがあり、ピントレバーのストッパーの金具にキズがありました。絞りも1枚だけちゃんと動いていません。これは、少し嫌な予感。。。

 とりあえず分解して清掃

カビは結構大きなものでした。しかもクモリのようなカビのようなものもありました。こういう場合の判断ってヤフオクでは難しいですよね。とにかく分解して清掃してみます。

まず、前のレンズからレンズオープナーではずそうとしましたが回りません。ⅡB-mの時はすんなり回ったのに全然回りません。かなり力を入れて回したらなんとか回りました。しかし、途中途中引っかかります・・・。これは無理矢理ねじ込んだ感じがします。ますます嫌な予感が強くなってきました。

前群のレンズを外しましたがカビはここではないようですが、強い光に当てると拭きキズが・・・。これはカビに気を取られると気づかないかも知れませんね。カビは取れましたが、カビ跡が残ってしましました。。。。

 シャッター部分を開けてみました

ⅡB-mとは違いすんなり開きました・・・。これは、もしや・・・。

どこがおかしいのか調べてみるとスローガバナーの部分で引っかかるようです。そこでスローガバナーを外してみると、絞り羽根のネジ山が削れていました。分解歴があるカメラでした。

あちゃー、はずれ引いちゃいましたね。出品者は以前にヤフオクで同じものを落札して3ヶ月後に出品したもののようです。その時の情報ではカビもシャッターの粘りも記載はなかったので3ヶ月の間に発生したカビなのかもしれませんね。そうすると分解したのは前の前の持ち主?

 分解してみたらいろんな部分がダメでした

  • 距離計が全然合わない。
  • シャッターが引っかかる。
  • 絞り羽根が1枚動きが怪しい。

まず、距離計が全くと言って良いほど合いません。これはヘリコイド部分を外した可能性が高いです。

シャッターが一部引っかかるのは絞り羽根かガバナー部分当たりで引っかかるような感触があります。

絞り羽根が1枚動きが悪いものがあり綺麗に絞りが締まりません。これも分解した後に無理に戻した可能性が髙いです。

ボディ自体は比較的綺麗なので部品取り&研究用に・・・。やはりオークションでの購入は気をつけないといけませんね。。。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク