JINSの6ヶ月以内フレーム・レンズ2回保証の意味が分かった

 新しいメガネがあわないみたい

 昨年、JINS(ジンズ)のエアフレームで新しいメガネを作りました。右目に少し乱視が入ったので乱視矯正と度数を1段階上げて作りました。

 新しいメガネで車の運転など遠くを見る分には問題ないのですが、デスクワークやPC操作など近くの作業をしていると以前のメガネより疲れてきます。最初は慣れればと思っていましたがいっこうに慣れる感じしないので6ヶ月以内であればレンズの交換が可能だということを思い出しました。

jins

 こういう時になかなか見つからない保証書

 どこかで保証書を見かけた記憶があるのですが、どこにしまったのか思い出せません。保証書を保管しているファイルや思い当たるところを見ても見つからない。これはあきらめるしかないかな?と思ったら意外なところにありました。

 するとギリギリ6ヶ月以内でした!これは行くしかないと、仕事帰りにJINSに行って事情を説明すると、とりあえず再度視力を計り直すことになりました。

 計り直した結果は問題なし

 計り直したりした結果は問題ありませんでした。ただ前回測定時に作成したメガネの度数は矯正視力が両目で1.2で作りました。今回その1段下にすると前のメガネと同じ度数のレンズになるそうです。

 当初メガネを買い替えた目的が、メガネを軽くしたいという目的でしたので、以前のメガネと同じ度数でも良いのでレンズを交換してもらうことにしました。

 6ヶ月に2回まで交換可能の意味が分かった

 1度交換すると交換した日から6ヶ月以内であれば2回目の交換が可能ということです!

 レンズ交換してもらったメガネを受け取りにいきましたら、今日から6ヶ月以内であれば2回目の交換が可能と説明を受けました。これは驚きました。もちろん保証書が必要です。6ヶ月以内に視力が落ちて見えにくくなったら再度レンズ交換してもらうことも可能ということです。

 そこまで悪くなるような予定はありませんが、急に視力が落ちた場合などには便利ですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク