リヒトラブのキャリングポーチをトラベラーズノート用に購入してみた

 トラベラーズノートとかひとまとめにしたい

 ビジネスだけでなくプライベートでもトラベラーズノートを持ち歩くことも増えてきたので、いちいちバッグからバッグへ入変えたりしています。その際にはタブレットのNexus7、携帯電話、財布などなど、詰め替えるのが面倒です。

 そこで今まで使っていたバッグインバッグがくたびれてきたので、しっかりしたものを購入することにしました。まず、トラベラーズノートと7インチタブレットを一緒にまとめられて、バッグとして持ち歩いても良いものを探してみました。もちろん、あまり高くないもので。

バッグインバッグの候補

 前から気になっていたのがリヒトラブのキャリングポーチとコクヨのバッグインバッグです。

 寸法をみてみると リヒトラブのキャリングポーチが:幅240mm×奥行30mm×高さ 170mm、コクヨのバッグインバッグが幅240×奥行50×高さ180mmとなっていますリヒトラブのキャリングポーチの方が少し小さめです。トラベラーズノートレギュラーサイズの寸法がH218×W130×D10mm、Nexus7が198.5mm×120mm×10.45mm。

リヒトラブ

コクヨ

トラベラーズノート
Nexus7

寸法

240×30×170

240×50×180

218×10×130
198.5×10.45×120

販売価格

1,300円前後

1,800円前後

 サイズ的にもトラベラーズノートも入りそうだし、リヒトラブのキャリングポーチであれば別売りのショルダーベルトを購入すればショルダーポーチとしても利用可能です。

ただここで、重要なことに気づいていませんでした。

 寸法って外寸?内寸?あれ?

寸法

リヒトラブ

コクヨ

トラベラーズノート
Nexus7

(外寸)

240×30×170

240×50×180

(内寸)

225×25×155

230×40×165

218×10×130
198.5×10.45×120

 kokuyoのバッグインバッグに内寸サイズを見てみると、結構ギリギリのサイズに気づきましたが手遅れでした。

 やっぱりギリギリのサイズでした(汗

image
 トラベラーズノートだけならギリギリは入りました。少し出し入れで引っかかるかな?という感じです。ただNexus7を入れるとパンパンです。残念ですが、バッグインバッグとしては使用しますが小物入れとして使用することにしました。

 次は寸法を間違えずに買います

B5なら大丈夫かな?寸法(外寸):幅 290mm ×奥行 30mm × 高さ 210mm。奥行きが30mmと同じなのでパンパンになるのはかわらないかもしれません。

じゃあ、コクヨのバッグインバッグにしようかとB5サイズを見ると

  • 【寸法】 285×35×220mm
  • 【メインポケット内寸法(W×D×H)】 280×25×210mm
    奥行きが・・・きついような気がします。
  • コクヨならA5のバッグインバッグかな?今度は大きすぎでバッグに入らないとかならないように。。。

    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク