賃貸派でしたが中古住宅の購入を検討しています

 つい最近までずっと賃貸派でした

  数年前、子供が生まれた時に住宅の購入を検討しましたがやはりローンだけではなく維持費や税金、その他諸々費用が掛かるためやっぱり賃貸が良い!と考えていました。子供も大人になって巣立っていけば大きな家は必要ありません。

 隣人に嫌になったら引っ越せばいいですし、手狭になったら家族構成にあった間取りの部屋に引っ越せばと良いだろうと考えていました。

 そう考えると、子供が成人するまでは賃貸で生活するのもありかな?子供にお金がかからなくなったら夫婦二人で暮らせる程度の家を購入すればいいかな?とも今まで漠然と過ごしてきました。

 でもやっぱり持ち家が良いなぁと思うときも

 もともと親の仕事の関係で転勤族で賃貸暮らしが長かったのせいか賃貸暮らしの時の思い出ってそれほどないんですよね。

 他にも持ち家と賃貸を比較すると近所付合いや自治会などいろいろ心配なこともあります。今住んでいるところはご近所さんや大家さんにも恵まれ特に問題もなく生活できていますが、賃貸も古くなれば建て替えの可能性もありいつ追い出されるかもわかりません。

 2017年2月現在で住宅ローンの金利が変動金利が1%未満、固定金利が1%台と一昔前では考えられないくらい低い金利で借りることが可能です。金利負担のリスクが少ない今のうちに検討するのもありかな?と思うようになりました。

 個人的には中古物件もありです

 家の購入を考えた場合、どうしても住み慣れた現在住んでいるエリアが一番良いのは当たり前です。今住んでいる場所は、スーパーも近く通勤も比較的便利です。ですが現在住んでいるエリアでの新築物件を購入しようと思った場合に今の家賃の倍以上のローンを払わなければなりません。

 今の家賃以上を支払ってまで新築物件に住みたいとまでは思いませんし無理して立地の悪い建て売り住宅を買うなら立地の良い中古住宅買った方がお得なような気もします。

 結論として条件のよさそうな中古住宅で

 住宅ローンの金利も変動では1%切りますし、フラットなど固定でも1%台ですし買うなら今かなぁと思います。立地もよくて条件に合いそうな中古住宅が出てきたら購入を検討してみようかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク