カーポートの雨樋に落葉が溜まって詰まるので対策を考えてみた

 この季節になると、近くの公園のケヤキの落葉が風に乗ってうちの庭やカーポートが落葉だらけになります。庭とかはほうきで履いて集めればいいんでが、カーポートの雨樋に枯葉が詰まって雨水が溜まって暖かくなると蚊が発生してカオスな状態に。

 詰まった状態で放置すると雨が降ったときには雨樋に水が溜まって排水されずに、違う場所から雨水が落ちて外壁やコンクリート部分を痛めてしまいます。そのため、梅雨時期や落葉が落ち着いた頃にカーポートの雨樋の掃除をしています。

 詰まった枯葉を取り除くのが大変

 ただ毎回やるのも面倒なので何か対策は無いかな?と考えてみました。まず最初に思い付いたのが、ホームセンターで量り売りしている金網を使ってカバーするか、筒状に丸めて雨樋に入れようかと、ホームセンターに行ってみました。

 金網といってもビニール被膜、亜鉛メッキ、ステンレスと種類がありさびとかに強いのはステンレスがおすすめなんでしょうけど、結構いい値段です。基本的にメンテナンスフリーに近い状態を理想として考えると、雪が降ることもあるので雪の重みでつぶれてしまうこともあるかもしれないのである程度の強度が必要となると金網では強度的には厳しい気もします。

 あとは既製品でないのかな?と検索してみるとありました!

 これは雨樋にカバーの様に取り付けるタイプで専用のストッパーで止めるタイプですね。価格的にも安いです。

 ただ、これではネット部分に枯葉が積もってフタになってしてしまいそうな気がするのと、カーポートに取り付けるには面倒かも。

 次に見つけたのは、ネトロンという製品。丸樋用と角樋用があるようでジョイフル本田やホームセンターにも置いてある商品のようですが、1本が千円前後とそれほど高くないのかなと。ただ寸法的には丸樋用だと2本、角樋用だと2~3本必要。ただ丸樋用はカーポートの雨樋に入らないような気もしますし、ネットだと送料がかかるのでホームセンターで実物を確認してからの検討が良さそうな気がします。

 ネットで注文してサイズ的に入らなかったらと考えると・・・。ただ、家の雨樋が各樋なので使い道はあるので角樋用を購入っていう手もありますね。

 建材メーカーで落葉によるつまりを予防するネットがないか検索してみると、

  • LIXIL=雨樋ネット
  • YKK=枯葉よけネット
  • 積水=エスロネット

 といろいろあるようです。自宅のカーポートはTOEX(東洋エクステリア)時代のもので、現在ではリクシルブランドのためカーポートの製品名がわからないのでLIXILの雨樋ネットが適合するのかわかりません。

 ただLIXILの昔のカタログを見るとほとんどデザインは変わっていないのようなのでこれが一番フィットしそうです。施工自体突っ込むだけで終わりそうなのでw

 長さが3mで送料入れて3,280円なら買っても良いかなぁ。どちらにしても今のままでは、落葉が詰まるだけなので購入してみようかな。寸法を測ってみたら6m近くあったので2本購入で5200円ぐらいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク