トラベラーズノートの限定版ブルーエディションのブルーカラーが定番化

 オークションサイト等で高額な値段で取引されていたトラベラーズノートの2015年の限定版ブルーエディションが定番カラーとしてラインナップされます。発売日は3月に29日。

 ブルーエディションの人気はいまでも高い?

 私がおしゃれな手帳は無いものかとネットでさまよっていた時に一目ぼれをしてトラベラーズノートユーザーになったきっかけとなったブルーエディション。未だに人気が高いようでアマゾンやヤフオクで3万円前後で売り出されています。ブルーエディションが発売された当時は早々に売り切れ続出で、倍近い値段で取引されていたのは覚えていましたがこんな値段になっていたとは。

 発売日に自分用に1つのみ購入してはストックしてありますが、あと2個ぐらい買っておけばよかったかなと後悔。

ブルーエディションとの違いは?

trnblueedition

 こちらは2015年の限定版ブルーエディションです。

 画像はTRAVELER’S COMPANY_トラベラーズノート ブルーエディションより

trnblue

 こちらが定番化のブルーです。刻印が若干違います。『TRABELER’S COMPANY.JAPAN』の刻印があります。

;

 画像はTRAVELER’S COMPANY – トラベラーズカンパニーより

 これ以外の違いは、スペアのラバーバンドの色がマスタードになりますが、リペアキットにブルーが追加になっていますのでリペアキットを購入することで色違いになることはありません。ブルーで統一したい人にとってはリペアセットを追加購入しなければならないのでちょっと残念ですよね。

トラベラーズファクトリー 公式オンラインショップ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク