やっぱり写真を撮りに行きたくなると欲しくなるカメラバッグ

 なぜか写真を撮りたくなると欲しくなる

 定期的に撮影欲が沸くとカメラグッズを買いたくなってしまいます。これもある種の沼なんでしょうね。今年に入って、家購入から引っ越し等バタバタとしていましたので、写真を撮りに行けていません。

 以前に比べれば、被写体となるものは目の前の公園や自宅の庭にもあるのですがなんだか撮影欲というか、モチベーションが上がらないというか。

 家のこともある程度片付いてきたので写真を撮りに行こうかなぁ~。という気持ちがわいてくると、じゃぁ道具も新調しちゃおうかな?とも考えてみちゃったり、しちゃうのがいけないんですよね。

 道具を新しくしても写真の腕が上がっていなければ撮れる写真は変わらないんでしょうが、なんだかネットで物色しちゃうんですよね。特にカメラバッグは今持っているカメラバッグでも不便なことはないんですけどついつい見ちゃいます。というか。ポチッとしちゃいそうになります。

 普段ちょっと持ち歩く程度のカメラバッグがほしい

 今物色中のカメラバッグは、NEX-6も入って財布やタブレットも入れられるサイズのバッグ。

 デジタル一眼の場合はパーゴワークスのフォーカスLに入れて持ち歩いて財布や携帯はボディバッグに入れて2つ持ち歩いています。

パーゴワークスのフォーカスLを早速使ってみたらいい感じだった : hasagraphy.comパーゴワークスのフォーカスLを早速使ってみたらいい感じだった : hasagraphy.com

 使用しているのはホグロフスのヒップバッグ?なんですがボディバッグにもとしてつかっています。そのバッグももう5年目になるのでずいぶんくたびれてきてしまったので、その代わりになるバッグは無いかとときたま物色していますがホグロフスのバッグはデザイン・機能性も含め自分好みのバッグなのでこれに代わるものがなかなか見つかりません。 ホグロフスオンラインストア

 ホグロフスの公式サイトでも物色をしていますがボディバッグとかヒップバッグ的なものは見当たらないので、ホグロフスはあきらめるしかないのかなぁ。

 おしゃれボディバッグでも良いのかもしれませんが、ある程度防水もあって、使い勝手がいいボディバッグとなるとやっぱりアウトドアブランドで探してみるのが早いような気がしてきました。

 この記事を書いて少しほしいバッグの方向性が見えてきたので、ポチリそうになったバッグは買わずに済みそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク