ニコンのフルサイズミラーレスZ6・Z7をどうやったら購入できるか考えてみた

 ニコンからいよいよフルサイズミラーレスZ6・Z7が発表されましたね。FマウントからZマウントへ約60年間続いたマウントが変わるのは残念ですが、Zマウントということは、これが最後のマウントという意味なんでしょうね。

 スペックやら機能については、あまりこだわりは無いのですがボディ内振れ補正、回折補正はついてよかったなと。ただ記録媒体がXQDメモリーカードで1スロットというのはどうなんでしょうかね。

 分割で買ってみる

 ボディと24-70のレンズキット、FTZマウントアダプタを購入、XQDメモリーカードを購入するという前提で検討すると

  • Z6で約34万円

  • Z7で約49万円

 手数料無料の48回までの分割で購入であればZ6で約6~7千円、Z7で約1万円。48回払いなので、毎月1回飲みに行くのを4年間我慢すればいいわけですね。D5100も5年くらい使っていたのでフルサイズであればこれくらいは使うでしょう。ただ、レンズが買えないか。

 今使っているカメラを買取・下取りで購入資金に充てる

 今あるカメラ、DXレンズを買取に出すと約10万~11万、下取りに出すと11万~12万です。

  カメラ

  •  D5100 ダブルズームキット
  •  D7200 ボディ

  レンズ

  •  Nikon AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
  •  SIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM

 ドナドナした場合のリストはこんな感じです。ただ、残るレンズがタム9だけ、Zマウントの24-70のズームだけになってします。望遠レンズが無いと子供の運動会とかは厳しいですね。望遠は追加で購入になりそうですね。

 マップカメラであれば下取りなら買取価格+10%、カメラのキタムラでも買取価格よりも下取り価格の方が高いので買い替えを検討している場合は下取りサービスを利用した方がお得ですね。

 カメラの買取・下取りシステムを使えば、Z6で約23万円、Z7で約38万円。48回ローンでZ6が月々約5千円、Z7が約8千円で買えます。

 とりあえず様子見

 フルサイズに行くつもりはありませんが、レンズが無駄になるのであれば買い替えも視野に。CanonのEOS MのようにAPSサイズのミラーレスが出ればマウントアダプターは必要になるでしょうがいまのレンズも使えることになるので、それまでは様子見でしょうかね。

 今回は、買取に出したら10万超えそうだというのは驚きでしたw 予想では半分くらいかなと思っていましたが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク