カメラを始めて三脚沼・雲台沼にはまる

 カメラを始めて最初にはまった三脚沼・雲台沼

 現在、持っている三脚・雲台は、今のところ全てSLIKです。Kenko Tokina ONLINE SHOP 楽天市場店での購入が多いですね。輸出専用棚ズレ品が格安に手に入りますし、ジャンク品でも時たまセールでお安くなっています。

 アウトレットとは書いてありますが全然気にならないレベルというよりも新品じゃないの?ってくらいなのでおすすめです。

 最初に買ったのは一脚だった

 まだ、始めた頃はコンデジでリコーのCX3を使用してました。運動会では3脚禁止とのことで一脚は良いみたいだったので購入しました。

 カメラに一脚を付けて腰のベルトあたりの位置に引っ掛けるように固定して使ってます。一眼レフでも同じ使い方してます。海外輸出用で雲台はSBH-150だったような気がします。

 三脚を何も知らずに安さだけで購入

 最初に購入したアルミ三脚。風景写真やふたご座流星群を撮りたいとNikonのD5100を購入したので三脚も購入しました。安かったのと3段より4段の方がコンパクトだし持ち運びが楽だよねと選んだのが間違いでした。。。出番は無いかというとそうでもなく軽量でコンパクトなので旅行とかでは持って行ってます。

 次はやっぱりしっかりした三脚が欲しい!

 スプリントPROは軽量で持ち歩くには良いのですがさすがに脚が20mmの4段ではブレが気になるので、少し重くてしっかりしてる中型の三脚を購入。雲台はあるので脚だけの購入にしました。買ってみて思いましたが、雲台のセットの方がお得のような気がします。

SC 503 DX 脚

sc503dx

 これは、アルミですが石突がスパイクとゴムに切り替えが可能です。旧製品になってしまい後継機は無いようです。

 案の定3WAY雲台も欲しくなっちゃうんです

 自由雲台じゃなくて3WAYが欲しい!この時、自由雲台でもパン出来る雲台もあることを知りますが、時既に遅し。最初から買っておけば・・・。

 じゃあ、3WAY買っちゃおうかな?と物色中にてなぜかフリーターンに興味を・・・。なんかこっちの方が使えそうかな?と思って購入。使い慣れれば水平出しも簡単で、左右へのパンもそのまま出来るので便利なのですが、上下のティルトでちょっと使いづらいかな?と思う時があります。ちゃんとした使い方わかっていないだけかも知れませんがw

 室内の物取り用や発表会や登山にも

 SLIKのミニⅡ。2~3千円で購入した記憶がありますが、現行モデルは倍近くしますね。。。ちなみに生産終了してます。テーブルフォトやマクロにはもちろん発表会や三脚・一脚禁止の場合にも使っています。

 三脚にカメラを取り付けて三脚を胸に当てて手持ち撮影の補助として使います。登山など三脚広げることが出来ないような場合に活用してますのでこれはおすすめです。

 輸出専用棚ズレ品ですが雲台が違いますがこっちの方が良かったかも。ただ、脚がレーバー式ではなくナット式なので調整が難しいかも知れませんね。

 カメラにはいろんな沼がありますね・・・

 あとは、カーボンとか3WAY雲台とか欲しいですが、、、、今のところ三脚沼、雲台沼は落ち着いています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク