明るいレンズよりもストロボも有りかな?と比較してみた

 ストロボ?レンズ?

結婚式でレンズ以外に対策を考えていてストロボ使えばいいのか!?と気づきました。

結婚式で撮影で失敗しないためのレンズを考えてみた : hasagraphy.com

結婚式で撮影で失敗しないためのレンズを考えてみた : hasagraphy.com

あれからもう4ヶ月経っても決まってません!あと2ヶ月くらいしか残ってません(汗

 ストロボの選びのために調べてみた

結婚式で使うだけだから安いので良いかな?とNikon純正以外も含めて物色してみるとガイドナンバー?TTL調光?シンクロ?なにそれ?とさっぱりわかりませんでした。

 ガイドナンバーとは

ガイドナンバーは「GN=距離(m)×絞り値F(ISO感度100)」です。D5100の内蔵ストロボのガイドナンバーが約12なのでISO100で絞りがF4で3mまで適正露出で撮影可能となります。ISO100で絞りがF8で1.5mまで適正露出で撮影可能となります。

F4でISO感度を200にあげると約4.24m、400で6mとなります。ISO感度上げれば適正露出で撮影出来る距離が伸びますがその分画質が落ちます。そう考えるとガイドナンバー(GN)は大きい方が良いと言うことになりますがその分発光量が増えればストロボも大きくなっちゃいます。

ストロボでの適正露出の距離計算はこちらが便利です。


フラッシュで綺麗に撮れる距離 - 高精度計算サイト

フラッシュで綺麗に撮れる距離 – 高精度計算サイト

TTL調光は外部測光とは違いレンズを通した光を測定して発光量を調整すること。もうここら辺でお腹いっぱいになってきました。。。


デジタル一眼レフカメラの基礎知識 - フラッシュ | Enjoyニコン | ニコンイメージング

デジタル一眼レフカメラの基礎知識 – フラッシュ | Enjoyニコン | ニコンイメージング

 候補選びの最低条件

シンクロだとかまだ理解できていないので候補を絞るために

  • ガイドナンバー(GN)は35前後かそれ以上
  • バウンス出来る(出来れば縦位置も)
  • TTL調光できる

この3つを最低限必要として早速、ストロボを価格コムで比較してみます。

ストロボ比較

予算別に候補を絞ると次の3つになりました。

 Nikon スピードライトSB-700

もちろんNikon純正。約3万円弱。

ガイドナンバー 28(ISO 100・m)

垂直方向:上方向90°~正面~下方向7° 水平方向:左方向180°~右方向180°

フル発光 ニッケル水素充電池(エネループ):約2.5秒

スローシンクロ(スローシャッター)/赤目軽減スローシンクロ(スローシャッター)/先幕シンクロ/後幕シンクロ/後幕スローシンクロ(スローシャッター)

撮影機能:オートFPハイスピードシンクロ撮影/FVロック撮影/赤目軽減発光撮影

約360g(本体のみ)

 サンパック PZ42X

1万5千程度。1万2千円くらいのときもありました。最低限3つの条件をクリアしててしかも安い!

i-TTL調光方式に対応、発光部は上方向へ90゜、左方向へ180゜、右方向へ120゜バウンス撮影なども可。ガイドナンバー(ISO 100・m) 24~42 28(35mm)


pz42x


 ニッシンジャパン Di600

1万7千程度。機能的にはSB-700にも劣らない上に光量は32(35mm)とSB-700、PZ42Xよりも多いです。

ガイドナンバー25~44 32/35mm 最大 44/105mm ※ISO100相当

照射角:24~105mm相当

 まとめ

価   格   面:PZ42X、Di600、SB-700

機   能   面:SB-700、Di600、PZ42X

光量GN(35mm):Di600、SB-700、PZ42X

光量GN(最大):Di600、PZ42X、SB-700

軽さ&持ち運び:PZ42X、Di600、SB-700

コスパで選ぶとDi600

PZ42Xは1万2千円台だった買いかも知れませんがちょい足しすればDi600が買えます。でもでも、やっぱり口コミサイトとか参考に比較してバウンスやディフュ―ザーを使うことを考えるとやっぱり純正のSB-700が良いなと。でも値段がね・・・。結婚式までまだ時間はあるのでもう少し悩んでみようかと。。。

 その他

クリップオンストロボ関係で物色していてコレは欲しいかも。

出番を考えると必要ないのかも知れませんが(汗

Di600、PZ42Xにはディフューザーが付いていないのでこれがあると便利かも

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク