ボケの種類で選んでみるオールドレンズ選び

 オールドレンズ遊びはコピーレンズで

 オールドレンズ遊びといっても、デジタル一眼レフは持っているので普通に撮るだけじゃつまらないですし、ジャンクレンズに手を出そうかと思いましたが、お手頃な単焦点などはなかなか近場では手に入らない。

 カニ目レンチなどの道具を揃えなければならないとさらに出費がかさむ状況ですので、NEX-6を手に入れてオールドレンズで遊びたくても手詰まり感が・・・。

 そこで出会ったのが、オールドレンズでもコピーレンズといわれるもの。

 カールツァイスのビオター(biotar)やテッサー(tessar)のレンズ構造をコピーしたレンズが1万以下で手に入るというので、これは低予算で始めたい自分にちょうどいい!

 ということで物色するとボケ方にも種類があるらしい!

 ロシアレンズやドイツレンズにコピーが多いようなので、入手可能なネットショップを探してみると、ロシアレンズやドイツレンズをネットで買うならフォトショップサイトウさんがおすすめですね。美品なら1万未満で手に入ります。

 欲しいと思ったコピーレンズをボケ味別に。他にもあるようですが手に入れやすいかな?というレンズを紹介します。

 購入にあたっては情報量も豊富なM42 MOUNT SPIRALさんのサイトを参考にさせていただきました。

M42 MOUNT SPIRAL

 ぐるぐるボケならヘリオス(HELIOS)

 ぐるぐるボケで検索すると、HELIOS-44-2が一番いいらしいですがHELIOS-44は何種類もあるようで44-〇と番号がついてす。番号によってボケも若干違うようです。

 そのなかでもグルグルボケが出やすいのがHELIOS-44-2だそうです。

 HELIOS-44-2

 e-bayで購入したのはHELIOS 44M-4。新品同様で送料と合わせて$42で5,000円くらいでゲットしました。

 バブルボケ・シャボン玉ボケのレンズ

 バブルボケ・シャボン玉ボケで有名なのはMeyer Optik Trioplanトリオプランというレンズですが今は人気で中古でも10万越えするようです。

 復刻版Meyer Optik Gorlitz Trioplan 100mm F2.8

 Meyer Optik Gorlitz メイヤーオプティックゴルリッツ Trioplan 100mm F2.8が登場して100周年ということで復刻版が発売されました。わーい(*´▽`*)

 受注生産ですがケンコー・トキナーさんで販売しています。

Meyer Optik Gorlitz メイヤーオプティックゴルリッツ Trioplan 100mm F2.8

 

 他にもバブルボケするレンズはあるようです。今回、入手したのは、e-bayで物色中にたまたま新品で出ていたPentacon Prakticar f2.4 50mm。

 どういうレンズか検索してみるとどうもバブルボケらしいということで、即決価格の新品40ユーロ(約5,000円)でゲットしました。

 ただ、マウントがM42じゃなくプラクチカ(PB)マウントですのでマウントアダプターも合わせて購入。これでプラクチカマウントも・・・あれ?w

 ダビデの星ボケのレンズ

 実は一番欲しかったレンズがこの星ボケレンズ。絞りの形がF値5.6~8の時にだけ星形になるレンズです。星の形は六芒星(ダビデの星)になります。

 Industar-61 L/Z 50mm F2.8

 おすすめはIndustar-61 L/Z 50mm F2.8です。星の形にならないものもあるようですが正確にはわかりません。

 この星ボケレンズは、イルミネーションなどで大活躍するためカメラ女子などに人気で高騰中だそうです。以前は5~6千円程度で新品同様品が手に入ったようですが今ではヤフオクなどでは1万5千円くらいします。

 e-bayでも新品同様で1万前後です。入手したのは比較的状態がよさそうな商品を$70(約8,000円)で即決しました。

 Volna-9

 もう一つは、Volna-9というレンズです。Industar-61よりも高くてレンズ性能も上のようですがちょっと予算オーバーです。

 約2万円でレンズとマウントアダプターがそろいましたが、フィルターや簡易な防湿庫なども考えると・・・なんだかんだで出費がかさみそうです(汗)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク