今更だけどWindows live writerを設定して使ってみた

 Windows live writer をダウンロードする

Windowsを使用している方はダウンロードする前に
すべてのプログラムから既にインストールしていないか確認してください。
既にインストール済の場合はlivedoorブログのアカウント設定をするに進んでください。

lw8

Windows Essentials からダウンロードしてください。
ダウンロードセンターからLiveWriterのみのダウンロード&インストールやEssentials2011をダウンロードしてみましたが
私の場合はうまくインストールできませんでした。

lw1

 インストールする

「wlsetup-web.exe」をダウンロードしますので、実行します。

lw2

全てをインストールするとMessengerとか全てインストールされますので
livewriterのみをインストールする場合は「インストールする製品の選択」を選びます。

lw4

一覧から「Writer」を選択してインストールボタンを押します。
lw5

インストールが完了すると「承諾」画面が出ますので承諾ボタンを押します。


 livedoorブログ用のアカウント設定をする

livedoorブログ用のアカウント設定を行います。
ライブドアブログのヘルプ-外部ブログエディタを利用して記事を投稿する

ブログサービスは「他のサービス」を選択します。

lw18


アカウントの追加

ブログのwebアドレスはトップページのアドレスを入れます。ユーザー名はlivedoorブログのユーザーIDをいれます。パスワードは管理画面で確認したAtomPub用パスワードになります。

lw19

lw20

lw10

ブログ種類の選択

使用するブログの種類は「Atom Publishing Protocol」を選択します。
Service Document の Webアドレスは、ヘルプでは「管理画面で確認したルートエンドポイントのURL」と書いてありますがURLを入力しても400エラーで投稿できません。入力するアドレスはルートエンドポイントのURLを「http://livedoor.blogcms.jp/atom/」と入力します。

(2015/11/04 急にlivewriterでの投稿が出来なくなったため確認&修正いたしました。)

lw11b


livewriterの設定が完了しても投稿が出来なかったので原因を調べていたらService Document の Webアドレスについてはこちらの記事で解決しました。

Windows Live WriterでLive_doorブログを設定する。Windows Live WriterでLive_doorブログを設定する。

lw12

ブログテーマのダウンロードは「はい」を選択します。

lw13
ブログの選択画面で次へを押します。

lw14
これで完了です。

lw15

 テスト記事をアップロード

テスト記事を下書き投稿してみます。

lw16
テスト記事がアップロードされたことが確認できれば設定は成功です。 lw17

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク