RICOH 500GX 巻き上げレバーのネジの外し方がやっとわかりました

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

 500GXの巻き上げレバーやっぱり諦めきれなかった

 どうしてもRICOH 500GXの巻き上げレバーのネジをずせないのが気になっていました。試写も問題なくできたので、残すはファインダーの清掃だけです。ハーフミラーにカビがあるのでそれだけでも取り除きたい。というか、ファインダーなので覗くたびに汚れていると気になるんですよね。

 分解にはドライバーとか工具は使いやすいものを

 RICOH 500GXの分解作業にはダイソーの精密ドライバーセットを使用していましたが、力が入れにくいのとネジ山を少しなめてしまうことが多かったので、ネジ滑り止め液と0番のプラスドライバーを購入。

 ネジすべり止め液も効果的です。

 今後の分解作業に購入したプラスドライバー。

アネックスのプラスドライバー、フォーラインドライバーが安くて力を入れやすそうなので購入。

 さて問題です。ネジははずれたでしょうか?

 正解は!はずれました!!ネジがですよ。

 ネジすべり止め液を付けてベッセルのドライバーで試みましたがはずれませんでした。つぎにフォーラインドライバーで回すもはずれない。最後はネジ山つぶれても良い覚悟でタオルでドライバーの持ち手が滑らないようにグッと力入れたら・・・ネジ山やっちゃったかな?と言う感触でしたが、外れてくれました!

 そして御開帳~♪

image

 RICOH 500GXのファインダー内の清掃も完了しました。カビ跡?見たいものが残りましたがかなり見やすくなりました。

 分解よりも組立作業が大変でした

 RICOH 500GXの分解作業は比較的簡単でしたが、組立作業が大変でした。

  1. 組み終えてフィルム入っているかチェックする部品位置が間違っていた。
  2. 配線がファインダーの磨りガラス部分に当たって見えている。
  3. シャッターボタンの位置がずれてしまいシャッターロックがかからなくなる。
  4. フィルムカウンターが回らない。直しても0に戻らない。

組み直す度にトラブル発生で作業終了は夜中になってました。

コメント